持病がある人の医療保険の選び方

糖尿病でも入りやすい医療保険

HOME
お気に入りに追加

糖尿病は限定告知型の保険なら加入できるものもあり!

 糖尿病でも限定告知型の保険であれば、告知事項の中に糖尿病が記載されていないのがあり、入ることができるものがあります

 糖尿病は 厚生労働省による平成19年の国民健康・栄養調査で、「糖尿病が強く疑われる人」が約890万人、「糖尿病の可能性を否定できない人」が約1,320万人、あわせると全国に約2,210万人に可能性があり、日本の代表的な生活習慣病の一つ。

 主な症状に免疫不全があげられ、合併症を引き起こす可能性が多いことでもしられ、年間1万5千人ほどの死亡者がでるほか、治療にも費用と時間がかかることもあり、保険に入りにくい病気の一つです。

 糖尿病にかかっている場合でも、血糖値のコントロールが良好であること、合併症が出ていないことを示す、健康診断・人間ドックの内容等を示せば、入ることが可能な場合もあるようですが、一般の保険は加入のハードルが高いと言えます。

 必ず入れるものとして無選択型の医療保険がありますが条件が悪くなります。加入が可能の保険では、限定告知型をメインに加入を考えるべきだと考えられます。

糖尿病でも入れる限定告知型の医療保険

 告知事項に糖尿病が入っていない保険は下記のものです。

保険会社 保険内容
朝日生命のスマイルメディカルワイド 告知事項が2つでがんに関係なく、入院、手術から2年以内、もしくは、3ヶ月以内の入院、手術、放射線治療、公的介護保険制度の要介護・要支援を受けていなければ加入が可能
COOP共済たすけあいコース 告知事項が2つのシンプルな保険で、掛金月額1000円と保険料が割安。
メットライフアリコのずっとあなたと 告知事項に糖尿病がはいっていない医療保険。
告知事項が3つのシンプルな保険で、問われる入院・手術も1年以内と比較的短く、他と比べて入りやすい
ひまわり生命の限定告知型 告知事項は5つと多いものの、糖尿病が告知事項に入っておらず加入は可能。

本当に入ることができるか心配な方は
保険相談サービスで!
↓↓↓


保険見直し本舗・保険クリニックなどの保険相談サービスはこちらから