持病がある人の医療保険の選び方

心臓病 医療保険

HOME
お気に入りに追加

心臓病でも限定告知型の保険なら加入できるものもあり!

 心臓病でも限定告知型の保険であれば、告知事項(過去5年以内の病歴)の中に心臓病が記載されていないものがあり、入ることが可能です。

  心臓病は、がん、脳卒中とならぶ三大生活習慣病の一つであり、男女ともがんについで死亡率が高い病気です。
心臓病は心疾患の総称で、全身へ血液を送るポンプの働きをするという重要な動きをするため、重篤な症状を引き起こす場合が多いものがあります。
 主な心疾患に、狭心症、心筋梗塞などがあります。生活習慣から来るものなので、再発のリスクも高く、タバコ、糖尿病、高血圧、高コレステロール、肥満などに危険因子が多いと言われています。

 限定告知型の医療保険なら入ることができる可能性はより高まりますが、入れるかどうか心配だったり、できるだけ割安な保険を選びたいなら、保険相談などのサービスを使って、一般の医療保険加入を考えてみても良いかと思われます。


スポンサード リンク


心臓病でも入れる限定告知型の医療保険

 告知事項に心臓病が入っていない保険は下記のものです。

保険会社 保険内容
朝日生命のスマイルメディカルワイド 告知事項が2つでがんに関係なく、入院、手術から2年以内、もしくは、3ヶ月以内の入院、手術、放射線治療、公的介護保険制度の要介護・要支援を受けていなければ加入が可能
COOP共済たすけあいコース 告知事項が2つのシンプルな保険で、掛金月額1000円と保険料が割安。
メットライフアリコのずっとあなたと こちらも告知事項の中の病歴に心臓病がはいっていない医療保険。
告知事項が3つのシンプルな保険で、問われる入院・手術も1年以内と比較的短く、他と比べて入りやすい保険です。
ひまわり生命の限定告知型 告知事項は5つと多いものの、心臓病が告知事項に入っていません。

本当に入ることができるか心配な方は
保険相談サービスで!
↓↓↓


保険見直し本舗・保険クリニックなどの保険相談サービスはこちらから